横浜南部市場 食品関連卸売センター

組合概要

理事長 ご挨拶

食品関連卸売センターは、生まれ変わります。

理事長 中村 信男

 横浜市の市場統合民営化の方針の下、平成27年3月末日をもって横浜南部市場は中央卸売市場としての役割を終え、新たに「一般市民に開かれた賑わいの場」、「中央卸売市場を補完する流通ゾーン」として再出発する事になりました。

 私達協同組合横浜南部市場共栄会は、長年親しまれた「食品関連卸売センター」を同年4月より横浜市より借り受け営業を続けています。今後は賑わいの場の施設として、従来の市場関係者の方に限らず、一般のお客様に買い物を楽しんでいただけますよう努めて参ります。

 平成31年春季を目途に、場内駐車場部分に新しい商業施設が併設される予定です。
従来の市場に関連した商品の販売にとどまらず、新たな物販店、飲食店などの多目的な店舗の整った施設により、お客様により楽しんでいただける賑わいの場となることでしょう。
私達「南部市場共栄会」は、これまでの楽しい対面販売のレベルを向上させ、皆様に親しまれる接客を心掛けた店舗づくりを行って参ります。
また、関連棟3階の事務所部分のスペースを、地域の方に、趣味その他の活動等を行えるコミュニティーの場として貸出す事も考えております。

協同組合横浜南部市場共栄会
理事長 中村 信男

概要

組合名
協同組合 横浜南部市場共栄会
所在地
[住所]〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町1-1
[電話番号]045-779-2870
[FAX番号]045-353-7750
設立
平成23年
理事長
中村 信男

ページTOPへ